遠ざけるためのハクビシン対策

小柄で可愛いハクビシンも人間にとっては害獣です。住み心地の良い場所を探し求めて家屋に侵入することも多く、住み着いてしまうと天井裏などを走り回ったり、排泄物の影響による様々な健康被害を起こすことも考えられます。



ハクビシン対策は家屋に近づけさせない、侵入させない方法を考えることが必要です。


ハクビシンは多くの自然動物と同様に鳥獣保護法により保護の対象となっている動物です。

むやみに捕獲したり処分したりすることは法律で禁止されています。


屋内に侵入された場合でも、できるだけ外に追い出すような対応をとることが重要です。
ハクビシン対策にはハクビシンの習性を把握しておくことが大事です。
屋内への侵入は周囲に雑木やフェンスなどがあると、容易に侵入を許してしまいます。


人の手が届かない庇なども跳躍力のあるハクビシンであれば、容易に飛び移ることができます。



屋内に出入りできるような足場になるようなものは撤去したり使えなくなるようにします。
食べ物や生ごみの処理の仕方も十分に考え、屋外にハクビシンが好みそうなものを放置しないことが大切です。

ハクビシン対策は侵入される以前と以後では対策が異なります。
家屋内に入れないようにするために近寄れなくすることが重要なので、夜行性動物が嫌がる証明やストロボなどを設置し、その場所が危険な場所であることを認知させます。


屋内に侵入されても行動範囲内に木酢液などの刺激臭の強いものを置くことで、近寄ることを防ぐ効果が期待できます。