家庭で出来るハクビシン対策とは?

ハクビシンはイタチのような姿をしており、小さな隙間があれば簡単に入り込む事が出来ます。

厄介なのは天井や屋根裏などに住み着いて排泄を繰り返す事です。



糞害は悪臭や天井のシミだけではなく、ゴキブリなど害虫が発生する原因にもなるので衛生面でも良くありません。

そのためハクビシンが住み着いている事がわかれば、早急にハクビシン対策を考える必要があります。
ちなみにハクビシンを見つけても鳥獣保護法により勝手に捕獲する事は出来ません。

ハクビシン対策は家の中から追い出し、二度と侵入しないようにする事です。



まず侵入を防ぐには侵入経路を探してその場所を塞ぎ、食べ物や生ごみなどを放置しないようにします。


またニンニクや石油、木酢液のニオイを嫌う傾向にあるので、もし侵入している場合はこれらを置いておくだけでも効果があります。

侵入経路を塞ぐ、嫌な臭いの元を設置する等に加えてハクビシン対策に使いたいのが青色LEDストロボです。
ハクビシンなど夜行性の動物は青色LEDが有効と言われており、これを様々な場所に設置する事で家に寄せ付けない効果があります。
家庭で出来るハクビシン対策は限られています。


駆除するならなるべく早めに開始した方が良く、放置しておくとどんどん繁殖し被害拡大してしまいます。
もし自分で何らかの対策をとっても効果が出なければ、専門の業者に依頼した方が賢明です。



プロにお願いすると費用はかかりますが、駆除は確実に行えて安心出来ます。